毛穴ケアのソワンとリメリーは、どこが違うの?徹底比較で選び方のコツを教えて!

HOME > 毛穴ケアのソワンとリメリーは、どこが違うの?徹底比較で選び方のコツを教えて!

毛穴ケアのソワンとリメリーは、どこが違うの?徹底比較で選び方のコツを教えて!

毛穴ケアのソワンとリメリーは、どこが違うの?徹底比較で選び方のコツを教えて!
 
毛穴のトラブルに対処してくれる美容液はいくつか存在します。
 
共通しているのは、毛穴を目立たなくする、詰まりや黒ずみを防いで顔を明るくするなどですね。
 
しかしそれらの作用を実現させている成分は、美容液ごとに異なっています。
 
よって購入する前には、毛穴ケアができる、評判が良いからというだけでなく、自分にあった成分なのかを見極める必要があります。
 
今回は評判とされる「ソワン(Soien)」と「リメリー(Remery)」、この2つを比較してみました。
 
特徴を踏まえ、どちらがどんなタイプの方におすすめなのかを見てみましょう。
 

ソワンは毛穴を引き締めることで問題をケア

 
ソワンはジェルタイプの美容液で、20代から50代まで、広い年齢層の方に利用されています。
 
いつの年代にも対応できるので、自分は今29歳だけど30代向けを選んだほうが良いのか、なんて悩みを抱えている方にもおすすめです。
 
主な成分はアーチチョーク葉のエキスで、肌の引き締めと保湿に重点を置いた製品です。
 
毛穴の問題は紫外線などの外からの刺激や老化によって、毛穴そのものがたるむことで発生、きちんと引き締まらなくなってしまう点に着目しました。
 
そのため、アーチチョークに含まれるシナロピクリンという物質によって肌の弾力を復活、毛穴を正常に開閉させることが目標です。
 
ほかにもスギナやヒバマタなど、収れん成分を含んだ植物を多く取り入れています。
 
またビタミンC誘導体やプラセンタによって、潤いを肌の奥まで届けたり、明るさをアップさせる効果も備えています。
 
ビタミンC誘導体は、肌に入って初めてビタミンCに変化し、効果を届けやすくした物質です。
 
そしてプラセンタは、皮脂の分泌を抑えてくれる効果があります。
 
肌はストレスを感じると皮脂を過剰に分泌することがあるのですが、古くなった角質が落ずに残っていると、皮脂と結びついて詰まりや黒ずみの原因になってしまいます。
 
プラセンタを適度に与えることで、黒ずみも減り、肌全体を明るい色にしてくれるんです。
 
さらに塗って終わりの美容液ではありますが、発酵ローズはちみつによるピーリング効果も備えているため、自然に汚れを分解してくれるのも特徴です。
 
事前に汚れが減るのなら、ゴシゴシと必要以上に洗ってしまう心配も減るでしょう。
 
はちみつの材料とも言うべきダマスクローズは、美容効果の高い植物としても知られており、保湿や代謝アップの能力に優れているのも魅力です。
 

ISO9001の保証がある無添加製品

 
ソワンは国際規格ISOによって、品質マネジメントなどが評価された9001を与えられています。
 
世界規模で製品管理の高さを認めてもらっているんですね。
 
美容液自体も、植物を中心に自然の素材で構成され、着色料や界面活性剤などを含んでいません。
 
敏感肌の方にも利用しやすい構成になっています。
 
しかし無添加とは言うものの、わずかにアルコール成分が含まれているのも特徴です。
 
少しのアルコールでも過敏に反応してしまう人は注意してください。
 
それ以外のほとんどの方に安心して毛穴ケアに使えるのがソワンです。
詳しくは↓
970円
 

リメリーは鼻専用ニキビ美容液

 
一方リメリーは、顔全体ではなく鼻の悩みに対処する美容液として販売されています。
 
鼻以外の箇所にも使うことは可能であり、その点でも評価されていますが、基本はいちご鼻などをケアしたい人が選んでいるようです。
 
年代は20代、30代が中心ですが、女性に限らず男性の愛用者もいます。
 
主にカモミラ(カモミール)エキスを用いており、肌の自己回復機能であるターンオーバーに着目しているのが特徴です。
 
カモミラには皮膚の奥にある、幹細胞の寿命を延ばす効果があります。
 
幹細胞は肌の表皮に新しい細胞を送る役割を果たしており、寿命が延びることで新しい細胞も作られやすい、肌の回復も早まる仕組みです。
 
美容製品では頭皮や髪の毛のケアアイテムに含まれることも多く、毛の悩みに役立つという印象を与えてくれます。
 
またニキビケアのための成分も豊富に含んでいます。
 
アクネ菌を抑える、肌の免疫力を高める、肌を潤す、そして吹き出物、つまり炎症を防ぐサポート効果の4つです。
 
潤いはプラセンタや大豆イソフラボンといった、ほかのスキンケアでも重宝される成分で行われています。
 
プラセンタには肌のハリを取り戻す効果もあり、肌に弾力をつけることで毛穴をきちんと閉めて、不要な皮脂や汚れを入れないようにするんです。
 
ニキビはアクネ菌が発生するだけでなく、毛穴汚れが原因でも起こってしまうので、毛穴のトラブルの1つとして対応しているのかもしれませんね。
 
保湿はヒアルロン酸によっても行われます。
 
加水分解ヒアルロン酸、別名スーパーヒアルロン酸とも呼ばれる物質を含んでおり、通常のヒアルロン酸よりも肌の奥まで浸透し、なおかつ表面も潤してくれます。
 
鼻以外への塗布にもおすすめと言われるのは、ニキビ対策やヒアルロン酸の効果が鼻以外の部位でも役立つからなんですね。
 

無添加かつ低刺激

 
リメリーも肌への配慮はされています。
 
合成着色料や界面活性剤、パラペン、アルコールなどが不使用です。
 
製造や管理も国内で全て行っているため、海外製品は気になってしまう人も使いやすいでしょう。
 
ただし刺激に関しては、完全に無いとは言い切れません。
 
極端に敏感な方だったのかもしれませんが、肌に影響が出てしまったという意見もまれにありました。
 
その日の体調にもよりますね。
 
ほとんどの方は、大丈夫だと言えます。
 
毛穴ケアだけでなくニキビケアもしたい方にぴったりなのがリメリーです。
公式サイト↓
256

成分で見るそれぞれの違い

 
成分を比べてみると、保湿は共通しているものの、毛穴のハリとターンオーバーなど、異なる点も見られました。
 
お肌に弾力を取り戻したいならソワンが良いです。
 
ターンオーバーの乱れが気になるならリメリーですね。
 
そもそもリメリーは鼻用ですから、鼻の毛穴問題を早く解決したい方にもおすすめです。
 
ですが鼻に使う分の容量なので、ほかにも使いたい場合は、その分早く使い切ってしまう可能性を考慮しましょう。
 
ソワンは顔全体用なので、リメリーよりは多めですが、こちらもコットンパックなどに使っていれば使い終わるのも早くなります。
 
また美容面で有名な成分にも違いが見られます。
 
ソワンはビタミンC誘導体とプラセンタ、

リメリーはヒアルロン酸ですね。
 
自分にはどの成分が不足しているのか、今使っているスキンケアの成分と見比べて、不足分を補える方にするのも有効です。
 
トラブルをケアしきれていないのは、使用しているケア製品には含まれていない成分が必要だから、と考えてみてはどうでしょう?
 
またソワンに含まれているアルコール成分がリメリーにはないのはメリットと言えます。
 
アルコールで刺激を感じたことがあるならば、リメリーの方が良いと言えます。
 
加えてメインとなっている直物も、アーチチョークとカモミールで違います。
 
成分はもとより、好みで決めるのも1つの選択方法と言えるでしょう。
 

どちらも毛穴問題の解決は時間が必要

 
それぞれスキンケアとして評価が高いですが、ポイントとなる毛穴トラブルの解決までには時間がかかる点で共通しています。
 
洗顔直後に塗布するのも同じですが、きちんと守っても1ヶ月から数ヶ月は必要という意見が目立ちます。
 
毛穴よりも肌が綺麗になったなど、ほかの作用が先に現れるなんてことも少なくないようです。
 
ソワンならば数週間で毛穴が目立たなくなったという話もあるようですが、個人差もあります。

一概にソワンの方が早いとは言い切れません。
 
効果が肌に現れるまでの時間は、あまり気にしなくて良いでしょう。
 

購入はどちらもメーカーによる公式サイトで

 
ソワンもリメリーも、メーカーが運営しているオンラインショップでのみ、購入することができます。
 
いずれも定期購入によってお得になるサービスを展開しています。
 
金額こそ異なりますが、割引サービスや手数料が不要、初回分の返金保証、ウェブ上で毛穴ケアのためのノウハウプレゼントなどが共通しています。
 
ノウハウは全く同じということはないでしょうが、毛穴に関するものであること、正しいケアの仕方などに触れている点で似ています。
 
どちらの製品が良いかという話の最中ではありますが、そもそも普段のケアに間違いがあることで発生しているトラブルも多いそうです。
 
入手したら、まずはケア方法の見直しから行うのも解決への近道かもしれません。
 
また特定の期間、継続購入を求めているのも同じです。
 
条件となる期間がすぎればいつでも解約できますし、一旦休みたいという要望にも答えてくれます。
 

ソワンの定期購入は1年もしくは90日の継続が必須

 
まずソワンから見てみましょう。
 
ソワンは赤ちゃん肌1年コースという名前で、製品の価格は通常の45%割引になっています。
 
まあ3ヶ月に3本というペースで頼むコースも存在し、こちらであれば48%割引と、さらにお得です。
 
条件は、いずれも1年間購入を続けることです。
 
返金保証も肌に問題が起きた場合だけ対応するため、トラブルは発生していないけど効果が現れない、飽きてしまったなど、それ以外の理由では受け付けてもらえません。
 
もし1年は長いけどソワンに興味があるならば、毛穴ケアお試し90日からコースを選ぶのも手です。
 
こちらは名前の通り、条件が90日(約3ヶ月)で済みます。
 
効果の面でも触れていますが、ある程度は継続しないと効果が出ないかどうか判別できませんから、その点でもちょうど良い期間と言えるでしょう。
 
90日の場合でも、割引は41%あるのは嬉しいですね。
 
もちろん1本だけの都度購入もできます。
 
単価としては安くなるとは言え、期間の合計金額は通常の1本よりも高いですから、コストが気になる方は1本だけの注文でも良いでしょう。
詳しくは公式サイト↓
970円
 

リメリーは3ヶ月より前に辞めると違約金が発生

 
集中ケアコースとして、おそよ3ヶ月の継続を条件とするのがリメリーの特徴です。
 
リメリーの割引率は初回のみ89%、最低限必要な2回目と3回目は3000円引き、以降の継続をするなら5000円引きとなっています。
 
返金制度は180日間有効ですが、条件を守らないと違約金が発生するので気をつけましょう。
 
違約金額は、通常価格から割引した金額を引いた額となり、解約タイミングで変わってきます。
 
しかし請求される総額は、結局のところ違約金と購入時の支払額の合計なので、通常価格(送料なども含む)になります。
 
そう考えると解りやすい仕組みですね。
 
こちらもルールや金額の合計が気になる場合は、都度購入も可能です。
 
返金保証を適用出来る場合でも、一旦返金してもらうのではなく、違約金から返金額を差し引いて請求という形です。
詳しくは公式サイト↓
256
 

購入方法で選ぶならどちらが良い?

 
どちらも90日のコースが存在しますが、割引率を見るとリメリーの方がお得です。
 
返金保証に関しては支払った分だけなので、どちらも結果としてプラスマイナス0になりますから、同じと見てよいでしょう。
 
途中解約は、そもそも最後まで続けなければいけないソワンと、違約金が発生するけど解約できるリメリーでは意見が分かれそうですね。
 
ちなみに解約可能なタイミングになった場合でも、ソワンは次回発送の10日前、リメリーは7日前に電話で連絡する必要が生じます。
 
早めに受け付けてもらえる方が良いか、ギリギリの連絡の方がありがたいかも、決め手になるでしょう。
 
そして購入代金の支払方法ならば、ソワンの方が豊富です。
 
リメリーは代金引換かクレジットカード決済のみですが、ソワンの場合はコンビニなどを利用した後払いにも対応しています。
 
定期コースならいずれも手数料は無料、都度購入なら全てに発生しますが、代金引換の手数料よりは後払いの方が安くて済むようです。
 
クレジット決済の場合リメリーは一括払いのみです。 ソワンは回数の明記がありません。
 
万が一金額が支払いきれない場合は、後でリポ払いを選ぶなど、カード会社への支払い方法を変更する必要がありそうです。
 
配送はどちらも日付や時間帯の指定が可能ですから、平日は家を空けている方も受け取れますね。
 

まとめ

 
成分と購入、それぞれの視点から見ていきましたがいかがでしょうか?
 
具体的な要素こそ違いますが、厳選された効果、継続利用が条件など、共通している項目も多いですね。
 
ソワンとリメリーそれぞれにメリットがあるので、どちらが優秀かは人によって違いますが、もし成分と購入で異なる方に魅力を感じてしまったら、成分を優先する方が良いかもしれません。
 
目的はあくまで肌トラブルをケアすることですから、期待できる方から試してみましょう。

肌のターンオーバーで鼻メインで毛穴をキレイにしたい人は、リメリーをどうぞ。
実は、わたしもリメリーを選んで満足しています
鼻だけでなく顔全体に使っていますよ。
潤って鼻の黒ずみや顔全体の毛穴ケアになってキメが細かくなっています。
詳しくは↓
268

毛穴の開きケアで弾力アップしたい人はソワンをどうぞ。
詳しくは↓
970円
 

PAGE TOP